不貞の証拠がない?不貞の証拠を簡単に探す方法を東京の弁護士が解説!

目次

不貞の証拠とは―証拠の例

「不貞の証拠ってなんですか?」

「絶対浮気していると思うんですけど、証拠はありません。泣き寝入りでしょうか・・」

法律相談でこのような声をいただくことがあります。

不貞の証拠がそもそもどういうものなのか分からず、本当は証拠があるのに「ない」と諦めてしまっている方も多いです。


まず、不貞の証拠とは「配偶者が第三者と性行為をしたことを証明するもの」のことをいいます。

不貞ー性行為をしたことを証明する直接的な証拠としては、性行為中に撮られた写真・動画があります。

また、配偶者が「〇〇と不貞をした」との自白の録音も直接的な証拠となります。

そのような直接的な証拠でなくとも、不貞-性行為をしただろうと推認できる間接的な証拠も立派な証拠です。

例えば、

・密室で密着した複数の写真

・ホテルに密着して入るところを写した写真

・ホテルに宿泊した領収書

・性行為をした当事者だけが送信し合うようなLINE、メール

・何度もデートや旅行を繰り返したことが分かるLINE、メール、写真


直接的な証拠より間接的な証拠は証拠としての価値は低くなりますが、たくさん集めることで推認力の強い証拠となります。

不貞の証拠はどこにある?―証拠獲得の方法―

証拠は多ければ多いほどよいでしょう。

では証拠はどこにあるのか?

スマホが普及した現在においては、証拠のほとんどは配偶者のスマホにあります。


他にも、

ホテルに宿泊した領収書、プリントアウトした写真、デートやプレゼントに費やした領収書・レシート、ホテルのポイントカード等の物理的な証拠が配偶者の財布やカバンなどの持ち物に隠れていることも。

探偵に依頼して尾行追跡写真を撮ってもらう方法もあります(費用が高くつくデメリットがあります)。

その他にも証拠の保存先がありますが、証拠隠滅を防止する観点からここでは記載しないようにしますね。

不貞の証拠がなければ慰謝料を請求できないの?

証拠がないから泣き寝入りするしかないのでしょうか。


裁判では、慰謝料請求の相手方(被告)が不貞を認めず判決まで進めば、証拠がなければ慰謝料が認められることはないといえます。

直接的な証拠がなくとも、間接的な証拠を集めて、「不貞をしただろう」と推認できる場合には、裁判でも不貞の慰謝料が認められます。

そのため、直接的な証拠も間接的な証拠も全くないのであれば、裁判で慰謝料を請求するのは諦めた方がよいです。


しかし、証拠がないだけで不貞をした事実が明らかなのであれば、裁判外で慰謝料請求を試みることはあり得ます。請求された相手方(配偶者や不貞の相手方)は、不貞自体は認めないかもしれませんが、不安な思いをさせてしまったこと、誤解をさせてしまったことに申し訳ないという気持ちから、またはこれ以上揉めたくないという気持ちから一定額の慰謝料を払い和解することもあります。


もっとも、慰謝料を請求された方からすると、不貞をしたと言いがかりをつけられたと感じられることもあるかもしれません。

そのようなときはかえって相手方から債務不存在確認請求訴訟を提起される可能性もあります。

不貞の慰謝料請求なら東京の弁護士にお任せください

  1. 高額な慰謝料獲得の実績
    個別の事情を汲み取り、相場にとらわれない交渉・解決を目指します!

  2. スピーディーな着手と解決
    弁護士の着手・レスポンスをスピーディーにすることで早期解決し、ストレスからの解放を目指します!

  3. 誠実・丁寧な対応
    ご質問・ご不安へのレスポンス、進捗状況のご報告、全て弁護士が対応します!

  4. 土曜新規相談対応
    平日がお仕事の方のために、土曜新規相談に対応しています!

  5. 証拠獲得のノウハウ有
    裁判で通用する証拠の内容、獲得方法は、裁判をこなした弁護士だからこそご教示できます!

  6. 訴訟・強制執行の対応可能
    訴訟も執行も豊富な経験があるからこそ充実した交渉が可能です。訴訟・執行もご依頼いただけます!

まとめ

慰謝料を請求したり離婚を求めるには、証拠はとても重要です。

証拠がないと諦めずに、色々と探してみましょう。

これは証拠になるか?どこで証拠を見つけるか?など、一度解決実績の豊富な弁護士にご相談ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームからのご連絡は、原則1営業日以内にご返信させていただきます。

電話受付は平日9時30分~18時

目次